2021年02月21日

平岡八幡宮の御朱印

平岡八幡宮は、「梅ヶ畑八幡宮」(うめがはたはちまんぐう)とも呼ばれ、山城国最古の八幡宮でもある。
神護寺の鎮守として空海が大分県の宇佐八幡宮から勧請したのが起源とされている。

平岡八幡宮002.JPG

平岡八幡宮003.JPG

バス停から未舗装の参道は緩やかな上り坂。
参道の桜並木は、桜の品種が数多く植えられている。一斉に咲きそろわず、その分長く花見が楽しめる。

平岡八幡宮004.JPG

平岡八幡宮007.JPG

椿も数多く植えられている。


平岡八幡宮011.JPG

平岡八幡宮012.JPG

階段の横にスロープがあるが、舗装はかなり荒れている。


本殿は京都市内に現存する数少ない切妻造本殿の一つであり、京都市の有形文化財に指定されている。
本殿天井には極彩色の花卉図が44面描かれており「花の天井」と呼ばれているが、車いすでの拝観は困難。

平岡八幡宮015.JPG

平岡八幡宮013.JPG

御朱印
img486.jpg


平岡八幡宮
〒616-8271 京都府京都市右京区梅ケ畑宮ノ口町23


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 19:49| Comment(0) | 京都市右京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: