2022年07月20日

高山寺の御朱印

高山寺(こうざんじ、こうさんじ)[1]は、京都市右京区梅ヶ畑栂尾町(とがのおちょう)にある真言宗の寺院。
京都市バス8系統栂尾バス停を降りたところに裏参道がある。

IMG_9813.JPG

IMG_9815.JPG

高山寺は山号を栂尾山と称し、「鳥獣人物戯画」をはじめ、絵画、典籍、文書など、多くの文化財を伝える寺院として知られる。

IMG_9821.JPG

IMG_9827.JPG

IMG_9829.JPG

表参道も裏参道も石階段のため車椅子では境内に入れない。防災用道路を探したけれど、見当たらなかった。
植木屋さんや大工さんがお寺のメンテナンスに入る時はどうするんだろうか。。。

IMG_9842.JPG

IMG_9853.JPG


御朱印
img670 - コピー.jpg


高山寺
〒616-8295 京都府京都市右京区梅ケ畑栂尾町8
https://kosanji.com/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村






posted by わびすけ at 18:33| Comment(0) | 京都市右京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

広隆寺の御朱印

広隆寺 (こうりゅうじ)は、京都市右京区太秦にある真言宗系単立の寺院。渡来人系の氏族である秦氏の氏寺であり、平安京遷都以前から存在した京都最古の寺院。

IMG_9670.JPG

IMG_9646.JPG

本尊は聖徳太子で聖徳太子信仰の寺でもある。聖徳太子霊跡第24番。


IMG_9638.JPG

山門には段差がある。西へ行くと大きな駐車場があり、車椅子はここから境内に入れる。


IMG_9640.JPG

有料拝観のエリアには段差があり、車椅子は不可。御朱印は有料拝観の受付に納経所が併設されている。

IMG_9641.JPG

IMG_9639.JPG

蜂岡寺(はちおかでら)、秦公寺(はたのきみでら)、太秦寺などの別称があり、地名を冠して太秦広隆寺とも呼ばれる。


御朱印
img666.jpg


広隆寺
〒616-8162 京都府京都市右京区太秦蜂岡町32


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村









posted by わびすけ at 15:04| Comment(0) | 京都市右京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月06日

五智山 蓮華寺の御朱印

五智山蓮華寺(ごちさんれんげじ)は、京都市右京区・仁和寺の東隣にある寺院。近畿三十六不動尊霊場第15番。
胡瓜に疫病を封じ込め、病気平癒を祈願するきゅうり封じの法要で知られる。

天喜5年(1057年)に後冷泉天皇の勅願により、広沢池の近くに開創、その後、応仁の乱の兵火に遭い、寺地を鳴滝音戸山の山上に移し、長い荒廃の時代が続く。
寛永18年(1641年)に再興し、仁和寺の覚深法親王から「五智山蓮華寺」の寺号を改めて安堵される。1928年(昭和3年)、仁和寺の東隣である現在地に寺地を移す。

DSC_1643.JPG

DSC_1634.JPG

寺の門には階段がある。南側の駐車場から境内に入ることができる。少し急坂。

DSC_1636.JPG

DSC_1642.JPG

境内にその姿を見ることが出来る五智如来石像(大日如来、阿弥陀如来、釈迦如来、宝生如来、薬師如来)。


納経所
DSC_1637.JPG


御朱印
名称未設定-1.jpg

御朱印(近畿三十六不動尊)
img615.jpg


五智山 蓮華寺
〒616-8092 京都府京都市右京区御室大内20
http://rengezi.com/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 18:10| Comment(0) | 京都市右京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする