2022年01月14日

伏見稲荷大社奥社奉拝所(奥の院)の御朱印

伏見稲荷大社の千本鳥居を抜けて行くと奥社奉拝所(おくしゃほうはいしょ)に着く。一般には「奥の院」と呼ばれている。
奥の院は、お山を遥拝するところで、稲荷山三ケ峰を廻る「お山めぐり」の起点。

伏見稲荷奥社奉拝所008.JPG

伏見稲荷奥社奉拝所009.JPG

以前は伏見稲荷大社拝殿から千本鳥居の間に高い階段があったため、奥社奉拝所へ行くためには、いったん境内から出て、北側の住宅街から迂回しなければいけなかった。

伏見稲荷奥社奉拝所001.JPG

伏見稲荷奥社奉拝所003.JPG


近年、階段の横にエレベーターが設置され迂回する必要はなくなった。

DSC_1669.JPG

DSC_1670.JPG


伏見稲荷大社背後の稲荷山は、東山三十六峰の一つに数えられ、伏見稲荷大社の神が宿る神体山。三つの峰が連なって古くから三ヶ峰とも呼ばれいる。

伏見稲荷奥社奉拝所013.JPG

この稲荷山に登って巡拝することを「お山する」という。


奥社奉拝所
伏見稲荷奥社奉拝所010.JPG

伏見稲荷奥社奉拝所011.JPG


伏見稲荷大社おもかる石
伏見稲荷奥社奉拝所012.JPG

「おもかる石」は奥社奉拝所右奥にある2つの石灯籠の最上部に置かれている丸い宝珠石(空輪)のこと。
おもかる石は2つの石灯籠から一つを選び、お賽銭を入れ、石灯籠の前で願い事を祈念し、両手で丸い宝珠石(空輪)を持ち上げる。
おもかる石が予想よりも軽ければ願い事が叶い、予想よりも重ければ願い事が叶い難く、一層の努力が必要とされるということです。

御朱印
御朱印.jpg


伏見稲荷大社奥社奉拝所
〒612-0804 京都府京都市伏見区稲荷山官有地
http://inari.jp/sp/map/spot_08/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 14:19| Comment(0) | 京都市伏見区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

東丸神社の御朱印

東丸神社(あずままろじんじゃ)は江戸中期の国学者で伏見稲荷大社の社家に生まれた荷田春満(かだのあずままろ)を祭る。春満は賀茂真淵の師で本居宣長らとともに国学の四大人の一人。
1883年(明治16)春満に正四位が贈られたのを記念して社殿を造営。歴史は浅いが「学問向上、受験合格」の神として広く崇敬される。

DSC_1666.JPG

DSC_1667.JPG


御朱印
img621.jpg


東丸神社
〒612-0882 京都府京都市伏見区深草藪之内町36


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 15:52| Comment(0) | 京都市伏見区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

長建寺の御朱印

長建寺(ちょうけんじ)は、京都市伏見区にある寺院。かつての中書島遊郭の一角にある。京都で唯一水の神様・弁財天を本尊とし淀川を往来する廻船の守護神として信仰厚い。
中国風の朱色の竜宮門に閼伽水、小銭型の宝貝守り、糸桜と呼ばれる早咲きのしだれ桜が有名。

観光用十石船の発着場の近くにある中国風な朱色の竜宮門。

IMG_1636.JPG

段差があって車椅子では上りにくい。折り畳みスロープを持参することを推奨する。


IMG_1637.JPG

IMG_1638.JPG

伏見城廃城後の伏見に繁栄をもたらした伏見奉行・建部内匠頭政宇が中書島に創建。建部姓の一字と長寿の願いと名づけたのが寺の起こり。
鐘楼は、かつて三十石船及び町に時を知らせたという。


IMG_1640.JPG

なで仏は賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)、釈迦の弟子で十六羅漢の一人。


IMG_1641.JPG

IMG_1642.JPG

人気の「宝貝守り」は、住職が在宅の時だけ販売。本堂横のシャッターの閉まった販売所に呼び出しボタンがあります。住職が在宅であればこのシャッターを開けてくれます。
江戸時代から伝えられる古銭型のお守りで、小銭の裏に貝のような模様が彫ってある。

IMG_4470.jpg

IMG_4471.jpg

IMG_4472.jpg

貝のような模様は、どう見ても鮑(あわび)。女性器のようにも見え、ゆえにエッチなお守りとしても有名。
裏面をネットに掲載して良いものかどうか迷うところであり、掲載は控えます。どんな模様なのかは参拝した時の楽しみにとっておいてください。
貝が昔の通貨の始まりだったため経済運、また貝運が開運につながることから健康や交通安全など様々な幸運を呼ぶお守りとして人気です。

住職は個性的な人のようで、ネットにはいろいろと評判が載っている様子。


御朱印はセルフ販売です。

IMG_1639.JPG


御朱印
img501.jpg


長建寺
〒612-8211 京都府京都市伏見区東柳町511


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村







posted by わびすけ at 14:06| Comment(0) | 京都市伏見区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする