2022年05月05日

岩屋寺の御朱印

岩屋寺(いわやじ)は、京都府京都市山科区にある曹洞宗の寺院。近畿三十六不動尊第24番。赤穂浪士・大石内蔵助が隠棲したところと伝えられ、大石寺とも称される。正式名は神遊山金地院岩屋寺。

IMG_9470.JPG

IMG_9471.JPG

IMG_9472.JPG

大石神社バス停から細い急な上り坂が続く。境内は石階段があり車椅子では入れない。参拝と御朱印は付添介助者に代参してもらうことになる。


御朱印
近畿三十六不動尊第24番
img669.jpg


岩屋寺
〒607-8308 京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町96


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 18:53| Comment(0) | 京都市山科区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月29日

随心院の御朱印

随心院(ずいしんいん、隨心院)は、京都市山科区小野にある真言宗善通寺派の大本山の寺院。
山科の小野地区は小野氏の根拠地とされ、随心院は小野小町ゆかりの寺として知られ、小町の晩年の姿とされる卒塔婆小町像を始め文塚、化粧井戸などいくつかの遺跡が残る。

隨心院002.JPG

隨心院006.JPG

隨心院007.JPG

境内には入れるが、本堂などには車椅子では入れない。
御朱印は同行介助者に依頼する。


小野小町と深草少将(ふかくさのしょうしょう)の淡い恋物語「百夜通い」の伝説がある。小野小町を愛した深草少将fは、小野小町が私の元へ百日間通い続けたら結婚しようという言葉に九十九夜通ったが、最後の夜は雪の降る日で、途中の道で雪に埋まり凍死した悲恋が語られている。

深草少将は、深草の里の欣浄寺(京都市伏見区)に屋敷があったとされる。欣浄寺の池の横には「少将の通い道」とよばれるものがあり、小野小町供養塔と並んで深草少将供養塔がある。また、随心院(京都市山科区)には、深草少将等が書いた手紙を埋めたとされる文塚がある。


隨心院020.JPG

IMG_7290.JPG

IMG_7294.JPG

梅、桜、躑躅など春から初夏にかけての花が美しい。


御朱印
img384 - コピー.jpg

真言宗十八本山第11番
img591.jpg

京都十三仏霊場第11番
img617.jpg


随心院
〒607-8257 京都府京都市山科区小野御霊町35
https://www.zuishinin.or.jp/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村







posted by わびすけ at 13:47| Comment(0) | 京都市山科区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

毘沙門堂の御朱印

毘沙門堂(びしゃもんどう)は、京都市山科区にある天台宗の寺院。正式名は護法山安国院出雲寺。本尊は毘沙門天。
天台宗京都五門跡の一つであり、山科毘沙門堂、毘沙門堂門跡とも呼ばれる。

IMG_0440.JPG

IMG_0442.JPG

一般参道は階段のため車椅子不可。向かって左に駐車場へ続く車道があるので、そこから坂道を登る。
観光シーズンはタクシー等の通行が多いので注意が必要。

IMG_0454.JPG

IMG_0452.JPG


納経所は本堂の中、車椅子不可。同行者だけ入ってもらう。

IMG_0491.JPG

IMG_0503.JPG

IMG_0489.JPG

IMG_0511.JPG


御朱印
img443 - コピー.jpg


毘沙門堂
〒607-8003 京都府京都市山科区安朱稲荷山町18
http://www.bishamon.or.jp/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村










posted by わびすけ at 18:32| Comment(0) | 京都市山科区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする