2021年04月03日

金剛寺(八坂庚申堂)の御朱印

金剛寺(こんごうじ)は、京都市東山区にある天台宗の寺院。八坂の塔(法観寺)の坂下に位置する。
正式には「大黒山 金剛寺 庚申堂」と号し、通称は八坂庚申堂(やさかこうしんどう)。大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂(現存せず)とともに日本三庚申の一つとされている。

IMG_1311.JPG

八坂庚申堂001.JPG

八坂庚申堂002.JPG

手足を縛られた猿を表す「くくり猿」と呼ばれる色鮮やかな玉で知られる寺。この「くくり猿」を背景に着物姿で写真を撮るのが観光客に流行る。


賓頭盧堂
八坂庚申堂003.JPG

八坂庚申堂005.JPG

八坂庚申堂004.JPG

様々な色をした「くくり猿」がたくさん吊るされている。大人気の撮影スポット。
賓頭盧(びんずる)は、釈迦の弟子の一人。


八坂庚申堂006.JPG

庚申とは、もとは道教の守庚申より出た庚申 (かのえさる) の年または日の禁忌行事を伴う信仰。庚申の夜には、人の体内にいる三尸 (さんし) の虫がその体内を抜け出し、天帝にその人の罪過を告げると信じられ、これを防ぐため道士たちは不眠の行を行なった。


御朱印
img482.jpg


金剛寺
〒605-0828 京都府京都市東山区金園町390


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村









posted by わびすけ at 18:48| Comment(0) | 京都市東山区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

矢田寺の御朱印

矢田寺(やたでら)は、寺町通り三条にある西山浄土宗の寺院。通称は矢田地蔵(やたじぞう)。
平安時代初期、奈良の矢田寺の別院として五条坊門に創建され、以後転々とし、豊臣秀吉により現在地に移されたといわれている。

DSC_2321.JPG

DSC_2325.JPG

DSC_2322.JPG


矢田寺の梵鐘は六道珍皇寺の「迎え鐘」に対し、「送り鐘」と呼ばれ、死者の霊を迷わず冥土へ送るために撞く鐘として信仰される。
お盆は六道珍皇寺で迎い鐘をついた後に矢田地蔵尊で送り鐘をつき、夜は大文字の送り火でご精霊をお送りする。

名称未設定-1.jpg

DSC_2327.JPG

DSC_2326.JPG



御朱印
矢田寺.jpg


矢田寺
〒604-8081 京都府京都市中京区三条上る天性寺前町523


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村








posted by わびすけ at 14:25| Comment(0) | 京都市中京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月21日

御髪神社の御朱印

御髪神社(みかみじんじゃ)は、竹林の小路から常寂光寺に続く道途中にあり、小倉池のほとりに祀られる日本で唯一の「髪」の神社。

_DSC7306.JPG

_DSC7304.JPG

_DSC7305.JPG

御髪神社の御祭神であります藤原采女亮政之(うねめのすけまさゆき)公は皇居の宝物守護にあたる武士・北小路左衛尉藤原基春卿の三男で、生活の糧を得るため、婦女の髪を結って父を助け、これが『髪結い職』の起源とされる。

_DSC7295.JPG

_DSC7297.JPG

_DSC7299.JPG

昭和の初めまでは全国の理髪・美容業者が、政之公のご命日の一七日を毎月の定休日としていたとか。


御朱印
img394 - コピー.jpg


御髪神社
〒616-8394 京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町10-2
http://mikami-jinja.sakura.ne.jp/


ブログランキング参加中
ご参考になりましたら下のボタンをワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 車いす自立生活へ にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村









posted by わびすけ at 19:32| Comment(0) | 京都市右京区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする